2019年4月28日

繁盛のタネ

来月から本気出す人の基本パターン。

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

 

 

ネットで

来月から
本気出す人の基本パターン。

という
記事がありました。

 

 

1月:
初っ端から飛ばすと
後でバテるので
来月から本気を出す。

 

2月:
まだまだ寒いので
来月から本気を出す。

 

3月:
年度の終わりで
タイミングが悪いので
来月から本気を出す。

 

4月:
季節の変わり目は
体調を崩しやすいので
来月から本気を出す。

 

5月:
区切りの良い
4月を逃してしまったので
来月から本気を出す。

 

6月:
梅雨で気分が落ち込むので
来月から本気を出す。

 

7月:
これからどんどん
気温が上昇していくので
来月から本気を出す。

 

8月:
暑すぎて気力がそがれるので
来月から本気を出す。

 

9月:
休みボケが抜けないので
来月から本気を出す。

 

10月:
中途半端な時期なので
来月から本気を出す。

 

11月:
急に冷えてきたので
来月から本気を出す。

 

12月:
もう今年は終わりなので
来年から本気を出す。

 

******************

 

 

こんな考えではムリ!と

 

人のことは
よくわかりますが

 

他人事でない
部分もあります(笑)

 

 

 

 

 

人間、何事も
その気になるまで
動けません。

 

 

しかし、
その気になるまで
待っていては…。

 

 

 

 

明日から本気出すぞ!
来週から本気出すぞ!
来月から、来年から、
仕事のキリがついたら、
お金ができたら、
時間ができたら、
子供が入学したら、
卒業したら、

令和元年から…。

 

 

 

 

とりあえず
◯◯したら
頭についている間は

 

望む結果を
手にすることは難しいです。

 

 

 

 

 

 

面白いもので

 

明日からと
思っていると

 

いざ明日になったら、
又、明日から…。

 

来月こそはと
思っていると

 

いざその月を迎えたら
更に来月に先送りするための
言い訳が出てきて

 

1年356日、12ヶ月

 

全てで先送り
可能となってしまいます。

 

 

 

 

 

 

また、
お金ができたら
時間ができたら、など

 

条件や状況が
揃うのを待ってから

始めようとすると

 

なかなか
状況が整いませんから
いつまでたっても
スタートできませんね。

 

 

自分では
もっともらしいと
思っていても

それらはすべて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言い訳です。

 

 

 

 

思考習慣は
考え方の癖ですから
なかなか
自分が言い訳をしていることに
気づいていないわけです。

 

 

書いていて
耳が痛いですが(笑)

 

 

 

 

 

また、
もう一つの理由として

 

本気を出して
もし失敗したら
自分だってやる気になったらできる!

 

失敗したのは
本気を出してなかったからだ!

 

という
言い訳ができなくなることも
深層心理としてあります。

 

 

 

 

 

 

 

明日からではなく、
今、今、今

 

今だけ頑張る。
今だけ本気になる。

 

 

 

 

 

 

今だけ、今だけ、今だけ

 

成功するには
今この瞬間が最善です。

 

自分を変えるのも
今この瞬間が最善です。

 

突き詰めていくと
今ここで、この瞬間にしか

 

成功は
あり得ないのですからね

 

今だけ精神
参りましょう!

 

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

お問い合わせ

会社名
お名前必須
ふりがな
メールアドレス必須
電話番号必須
お問い合わせ内容

日刊メルマガ【ハンジョウ】

メールマガジン配信中!

チームプロダクション代表只石が、日常の出来事から「商売が『ハンジョウ』するエッセンスを見つけ出し、日々お届けしております。 お気軽にお読みくださいませ!

*メールアドレス

日刊メルマガ
【ハンジョウ】

メールマガジン配信中!

チームプロダクション代表只石が、日常の出来事から「商売が『ハンジョウ』するエッセンスを見つけ出し、日々お届けしております。 お気軽にお読みくださいませ!

*メールアドレス

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930