2020年5月20日

社長が知っておきたいコト

コロナ禍を転じて福と成す人。

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

 

突然ですが質問です。

 

コロナ禍

 

なんて読むか
分かりますか?

 

 

 

ニュースでも
「コロナ禍の今〜」とか
「コロナ禍を乗り越えるには〜」

 

なんて
目にしますよね。

 

 

 

恥ずかしい話なのですが

 

 

私はずっと
コロナ「渦」(うず)
思って読んでいました。

 

 

コロナが
渦巻のように蔓延して
人々を巻き込んでいる状況を

 

「コロナ渦」と

 

表現していると
思っていたんです。

 

 

 

 

ふとした時に
漢字を見ると

 

渦(うず)じゃ、ないじゃん!

と思って

 

 

よーく
見てみると
「禍」じゃないですか!

 

 

 

しかし

「禍」を見て

何と読むのか迷いました(笑)

 

 

意外に
読めていない人は
多いのではないでしょうか?
(私だけ?笑)

 

 

 

 

で、正解は

 

 

コロナか

 

でした。

 

 

 

「禍」を「か」と読んで
「禍」は「わざわい」

 

「災い」→「天災」などは

防ぎようのない
元凶によりもたらされものに
使われる漢字で

 

 

「禍(わざわい)」は

人為的ミスなどにより
発生した凶事に使われる
漢字だそうです。

 

 

 

「コロナ禍」も

人為的に
コロナが流行してしまった

という意味が
込められています。

 

 

ということは

 

収束させるのも
「人次第だよ」
ということになりますね。

 

 

 

 

 

 

たとえば

AさんとBさんの
営業マンがいたとします。

 

消費者の気持ちで
聞いてみてください。

 

 

Aさんは
買ってもらうときは
良いのですが

 

商品の不具合を訴える
お客さんには

 

極めて不親切で
連絡も遅い。

 

お客さんは怒り心頭。

 

 

 

でもAさんは
売り上げを上げることが
自分の役割だと思っているので

 

クレーム対応といった
メンテナンスのような業務には

 

ネガティブなスタンスを
持っています。

 

結果、信頼を失います。

 

そして
クレームはどんどん
大きくなってしまいます。

 

 

 

 

 

一方で、Bさんは

クレームが起きたら

 

何はともあれ
ただちに電話をかけます。

 

その行為からは

相手を困らせて
迷惑をかけてしまったことに対して

 

申し訳ない
という気持ちを
抱いていることが伝わります。

 

 

 

最初は
怒り心頭のお客さんも

 

 

徐々に
そんなBさんの
「誠意」を感じて
怒りが収まってきます。

 

 

さらに

このクレームへの対応から
Bさんは
よりお客さんから
信頼されます。

 

 

この人から買い続けると

また同じように
対応してくれる

という信頼感です。

 

 

 

 

私たちは
禍を避けることは
できません。

 

 

 

できることは

 

その渦中に
ありながらも

自分が相手の立場に立った対応を
最大限するということ。

 

 

その後

上昇気流に乗れるか
下降気流に乗ってしまうのかは

 

自分の
スタンス
決まるんですね。

 

 

 

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

お問い合わせ

会社名
お名前必須
ふりがな
メールアドレス必須
電話番号必須
お問い合わせ内容

日刊メルマガ【ハンジョウ】

メールマガジン配信中!

チームプロダクション代表只石が、日常の出来事から「商売が『ハンジョウ』するエッセンスを見つけ出し、日々お届けしております。 お気軽にお読みくださいませ!

*お名前(姓・名)
*メールアドレス

日刊メルマガ
【ハンジョウ】

メールマガジン配信中!

チームプロダクション代表只石が、日常の出来事から「商売が『ハンジョウ』するエッセンスを見つけ出し、日々お届けしております。 お気軽にお読みくださいませ!

*お名前(姓・名)
*メールアドレス

カレンダー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31