2021年4月25日

日々の気付き

ノミとコップと自分の限界。

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

 

 

 

跳躍力を持つノミ。

ノミのジャンプ力は

体長の
約100倍から150倍と
言われています。

そのノミが
ジャンプしなくなる方法、

聞いたことありますか?

ブログはこちら▼

ノミにジャンプを
させなくする方法は

至ってカンタンで

透明の蓋をした
コップの中に
ノミを閉じ込めます。

ノミは、
何も考えずに
ピョーンと
ジャンプします。

しかし、
透明の蓋にぶつかり
ポテッと

落ちます。

ノミは
「ん?おかしいな」と
思いますが(多分)

再び、ピョーンと飛んでみます。

すると、
透明の蓋にぶつかって

ポテッと
落ちてしまいます。

何度飛んでも
天井にぶつかるので

いずれ
飛ぶことを
諦めてしまいます。

それは

コップから出しても

「どうせまた何かに
ぶつかって落ちるから」

と考えて

二度と、飛ばなくなります。

この話を
引き合いに出して
よくこう言われます。

自分で
限界を作って
しまうなんて
もったいない。

天井なんて
無いんだから

高く跳ぼうと思えば
いくらでも跳べるから

もっと高く跳んでみよう。

と。

しかし、
人間というのは
素直ではないので

「そうは言っても
またぶつかるんじゃない?」

と思って

躊躇してしまいます。

では、
そのノミが再び
飛べるようになるには

どうしたらいいか?

それは、

跳べるノミを横に置く。

透明の蓋に
ぶつかって
跳べない経験をしていない
ノミは

何も考えずに
ピョーンと跳びます。

それを見た
跳べないノミは

「あれ、あいつが跳べるなら
オレもイケるんしゃない?」と

思うわけです。

それで
恐る恐る
ピョーンと跳んでみたら、、、

「あれ?跳べるじゃん!」と

気がづいて

再び跳べるようになります。

つまり

行動動するのが
怖いなら

行動している人を
間近で見て、感じて

「自分も
もしかしたらイケるかも」

という

勘違いをするのが
良いかもしれませんね。

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

日刊メルマガ【ハンジョウ】

メールマガジン配信中!

チームプロダクション代表只石が、日常の出来事から「商売が『ハンジョウ』するエッセンスを見つけ出し、日々お届けしております。 お気軽にお読みくださいませ!

*お名前(姓・名)
*メールアドレス

友だち追加

日刊メルマガ
【ハンジョウ】

メールマガジン配信中!

チームプロダクション代表只石が、日常の出来事から「商売が『ハンジョウ』するエッセンスを見つけ出し、日々お届けしております。 お気軽にお読みくださいませ!

*お名前(姓・名)
*メールアドレス

カレンダー

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031