2018年12月6日

オススメ

人生が変わるリボーンアワード。

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

 

今年で7回目となる
リボーンアワード2018に
初めて参加してきました。

 

 

今回の開催場所は
震災復興の都市

 

 

神戸

 

 

 

 

 

テーマは
「ZERO」

ーーーーーーーーーーーーーー

ZEROとは
仕事で失敗をし
積み重ねてきたものすべてを失い
何もない状態の事。

ただし、
すべては失ったが、
積み重ねてきた経験だけは残る。

何もなくなった後、
経験を活かして、
どう、のし上がっていくかで
その後の未来が変わっていく。

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

この
リボーンアワード、

 

主催者である
板坂 裕治郎さんが

 

塾生の中から選び抜いた

 

5名のプレゼン大会。

 

選ばれた5名の
プレゼンターは

 

 

 

 

今日という日まで
何度も何度も
自分の過去と向き合い

 

 

 

 

自身の
辛くて苦しかった
過去の話を会場に集まった
200名!を前に披露し

それをどうやって
乗り越えてきたのか、

 

これから
どうしていきたいのか、

 

を発表するという内容。

 

 

これまで
見て見ぬふりをしてきた
自分の中の嫌な部分や
辛い過去、
もう捨てたと思ってきたことに
向き合うことになりますが

 

見ず知らずの
人前での発表は
とても勇気がいることだし

 

ここまで
話して良いものか、
なんて
猜疑心も出てくる。

 

 

個人的には

それでも
発表することに
その先の大きな価値が
あると思います。

 

 

 

 

 

 

 

わたしの例を
お話します。

 

 

 

わたしは
会社を畳んだ経験があります。

 

その過去を隠したまま
コンサルタントとして
お取引していただいていた
会社があります。

 

それは

会社を畳んだ奴なんて
信用できない!

と、取引先が
離れてしまうんじゃないかって
常に思っていました。

 

だから
そのことを隠していた。

 

でも、
やっぱりこれでは嫌だと思って
取引先の社長さんに
正直にそのことを話をしました。

 

 

帰って来た言葉は

知っていたよ。

の一言。

 

 

会社を畳んだことを
知っていた上で
取引をしていただいた
ということになります。

 

 

わたしはただただ、
感謝の気持ちでいっぱいでした。

 

 

いまでも
その会社さんとは
お取引をいただいております。

 

 

言ってよかったと、
思った体験でした。

 

 

でも
逆のケースだって
あると思うんですね。

 

でもそれはそれ。

 

 

しかたがないんです。

 

 

だって
そういう過去があったのは
事実だから

 

 

過去と事実
向き合うって
こういうことなんだと
あらためて感じました。

 

 

だから
這い上がる
ことができる。

 

 

一切を投げ捨てた時、

 

本当に
手にしたいことが
なんだったのかを。

 

 

このためにある
自分の存在価値なのかと
気づく瞬間を
目の当たりにしました。

 

私もそれを
掴み取りたい!

 

 

 

 

来年の赤紙
ハイかイエスで
わたしのもとに来るでしょう。

 

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

お問い合わせ

会社名
お名前必須
ふりがな
メールアドレス必須
電話番号必須
お問い合わせ内容

日刊メルマガ【ハンジョウ】

メールマガジン配信中!

チームプロダクション代表只石が、日常の出来事から「商売が『ハンジョウ』するエッセンスを見つけ出し、日々お届けしております。 お気軽にお読みくださいませ!

*メールアドレス

日刊メルマガ
【ハンジョウ】

メールマガジン配信中!

チームプロダクション代表只石が、日常の出来事から「商売が『ハンジョウ』するエッセンスを見つけ出し、日々お届けしております。 お気軽にお読みくださいませ!

*メールアドレス

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31