2019年3月25日

成功者のあれこれ

オリンピックおじさんの人生哲学。

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

 

オリンピックおじさん。
http://www.naniwa1001.co.jp/olympic/

(オリンピックおじさん)

 

 

1964年の
東京オリンピック以来

 

半世紀にわたり

 

羽織はかま姿
金色のハット

 

 

選手を応援し続け、

オリンピックおじさん

の相性で
親しまれてきた

 

国際オリンピック
応援団長の

 

山田直稔さんが
お亡くなりになりました。

 

 

 

 

 

山田さんが
応援にのめりこむきっかけは

 

 

メキシコ・オリンピックでの

ある出来事
だったといいます。

 

 

羽織はかま姿で
にぎやかに応援していた
山田さんは、

 

ここで、
日本人と勘違いして
メキシコの選手を
応援してしまったとのこと。

 

そしたら
メキシコ人が

 

あの日本人が
応援してくれているぞ!

この応援がきっかけに

 

 

 

日本とメキシコの
逆・応援合戦が続き

 

13万人の
観客が総立ちに。

 

互いの国を
応援し合うという
思いがけない光景を
目の当たりにすることになり

 

この些細な
「勘違い」から

 

観客が総立ちに
なるという体験をし

 

応援の底じれない
パワーに気付かされ

 

 

それ以来
「応援」に
魅了されたといいます。

 

 

 

 

山田さんにしたら
些細な勘違い
だったかもしれませんが

 

 

メキシコ人から見たら

日本ではなく
自分の国を
応援してくれるなんて!と

驚いたと思います。

 

 

 

 

山田さんが残した
人生哲学の中に

人を喜ばす
数の多い人が
幸せになれる

という
言葉あります。

 

 

 

この言葉どおり

他人を喜ばすことに
生きがいを感じている人は
どの業種でも
うまくいっていると思います。

 

 

応援そのものが
人を喜ばすことであり

 

世界各国から
愛されるようになった
山田さん

 

まさに
実践者です。

 

 

 

 

 

人を喜ばす方法は
たくさんありますが、

 

 

 

究極は、

やはり
感謝すること
ではないかと。

 

 

 

と言いつつも
なかなか出来ない
自分がいるわけですが…。

 

 

でも、

感謝があると
何かしら
お返しをしたくなるように

 

心の底から、
あなたがいてくれてよかった、と
その存在に感謝する。

 

嫌な出来事も、
今起きてくれて
ホントに良かった。

 


その出来事に
感謝する。

 

つらいことや
苦しいことが
起きたときほど

 


感謝!感謝!感謝!

ですね!

 

 

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

お問い合わせ

会社名
お名前必須
ふりがな
メールアドレス必須
電話番号必須
お問い合わせ内容

日刊メルマガ【ハンジョウ】

メールマガジン配信中!

チームプロダクション代表只石が、日常の出来事から「商売が『ハンジョウ』するエッセンスを見つけ出し、日々お届けしております。 お気軽にお読みくださいませ!

*メールアドレス

日刊メルマガ
【ハンジョウ】

メールマガジン配信中!

チームプロダクション代表只石が、日常の出来事から「商売が『ハンジョウ』するエッセンスを見つけ出し、日々お届けしております。 お気軽にお読みくださいませ!

*メールアドレス

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930