2022年1月24日

繁盛のタネ

現実から目を背ける。

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

Vol.1229

2022年1月24日(月)号

 

 

 

 

昨日は
クライアントさんから

とあるプロジェクトの
立ち上げについて
ご相談をいただきました。

 

 

内容はとても
面白そうでしたが

「予算が・・・」

 

これが原因で

なかなか企画が前に
進んでいないとのことでした。

 


そこで
事業計画を
見せて頂いたのですが

 

妙に現実的な

「すぐにできそうなこと」

ばかりだったんですね。

 

 

こういうと

「現実的なことを書いて何が悪いの?」

と、思われるかもしれないですが

少し順番が違うんですね。

 

 

 

「現実的なこと」って

何に取り組めばいいかが
イメージしやすいので

 

もちろん必要なことなんですが

 

ただ、ほとんどの場合、

 

中身が全然、面白くない(笑)

 

 

 

そりゃ、
今の自分が
すぐにできるようなことは
たかが知れているので

 

面白くなりようがありません。

 

 

 

ですが、

周りの人を巻き込んだり

自分自身の
モチベーションを
長期間高く保ったりするには

 

聞くだけで
ワクワクするような
面白さが必要なんですね。

 

 

そのとんでもないことを
現実のモノにするためだと

「資金をどうやって集めるか…」

という
現実的な問題に

一緒に立ち向かってくれる同志や

力を貸してくれる仲間が
現れてくるかもしれません。

 

 

 

つまり、

「大きく夢を描いて」から
「現実的な問題に対処」するのが

正しい順番。

 

 

「できそうなこと」ではなく
「どうしてもやりたいこと」を

 

まずは

どんどん書き出して

 

細かいことは後から考えればいい。

 

 

 

そうしないと
発想の幅がせまくなってしまい

良いアイディアが
出なくなってしまいますので。

 

 

お金だの人だの

現実的なことは
一旦、遠くに置いてしまって

 

「好き勝手に実現すると楽しいことを書く」

 

 

これが
事業計画作りの第一歩です。

 

 

そこで、
脳みそが増えて
ワクワクする

塾を開講します!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「業績がみるみる上がる
 ひとり社長の事業計画書塾」
https://businessplan.hp.peraichi.com/

 

 

 

なぜ、
事業計画書を書くと
業績が良くなる事を

知っているのに

 

多くの会社が
事業計画書を
書かないのでしょうか?

 

 

いろいろあると思いますが

その理由は・・・

 

・事業計画書の
 書き方が分からない

・事業計画書を
 書く時間がない

・事業計画書を
 一緒に書く人材がいない

・事業計画書を書いても
 どうせその通りにはいかない

・事業計画書を
 書くのは面倒くさい(笑)

 

ではないでしょうか。

 

 

上記の中で、
一つでも当てはまる方は
入塾されることを

オススメします。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「業績がみるみる上がる
ひとり社長の事業計画書塾」
https://businessplan.hp.peraichi.com/

 

 

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

日刊メルマガ【ハンジョウ】

メールマガジン配信中!

チームプロダクション代表只石が、日常の出来事から「商売が『ハンジョウ』するエッセンスを見つけ出し、日々お届けしております。 お気軽にお読みくださいませ!

*お名前(姓・名)
*メールアドレス

友だち追加

日刊メルマガ
【ハンジョウ】

メールマガジン配信中!

チームプロダクション代表只石が、日常の出来事から「商売が『ハンジョウ』するエッセンスを見つけ出し、日々お届けしております。 お気軽にお読みくださいませ!

*お名前(姓・名)
*メールアドレス

カレンダー

2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930