2020年12月5日

オススメ

「自分の好き」を仕事に見極める方法。

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

 

 

 

昨日は
クライアントさんの
飲食店にて

 

ミーティングを兼ねて
スープカレーを。

 

 

 

いつもなら
定番はチキンカレーなんですが

 

12月のマンスリーカレーは
「帯広オリジナル極みスープ」

と書いてあり

 

オリジナルとか
限定という言葉には
弱いですね(笑)

 

 

一滴も残さず(笑)
頂きました。

 

 

 

さて、先日

 

好きなことや得意なことで
複業をしたいのですが、
その場合、何をすればいいでしょうか?

 

という
問い合わせを頂きました。

 

 

 

そこで

わたしが
実践していることと
考えを。

 

 

 

 

私のオススメは

 

自分が興味を注げる
ジャンルの同じ本を
まずは30冊読んでみる。

 

ということです。

 

 

 

好きなことや
やりたいことを
オリジナリティにして

 

「強み」と
言われるレベルまでに
なるためには

 

少なくとも
その分野において

 

周囲の方達
100人規模の中で

 

1番詳しいレベルになる
必要があると考えています。

 

 

 

 

少ない母集団の中でも

その分野について

「私は専門家です」と

言えるくらいの
知識は必要ですよね。

 

 

 

 

30冊の本を読む。

 

ということは

 

実際には
大変なことでしょうし

同じようなことをする人は
あなたの周囲には
いないかもしれません。

 

 

でも、
大変なことが
できるからこそ

 

自分の強みにできるんですね。

 

 

 

なので

まずは
得意な分野での
「プチ専門家」を目指す。

 

 

そこで

同じジャンルの本を
30冊読めるかどうか
トライしてみる

ということです。

 

 

 

 

1日1冊で
1ヶ月読めば30冊。

 

それだけで
周囲の人たちよりは
明らかに詳しくなるはずです。

 

 

少しでも
関心があったり

好きな分野なら
30冊は読めるはずです。

 

 

 

 

一方で
「この分野の本を30冊も読めない」

というジャンルがあったら

 

それを
複業に選ぶのは
やめた方がいいですね。

 

 

私でいえば

法律や会計の本は
30冊読めません(笑)

 

 

でも、
コーチングや目標のことや
心理学の本なら
30冊は軽いです。

 

むしろ
30冊といわず
「もっと読みたい!」と
思う分野だし

 

実際に
30冊は軽くこえています。

 

 

 

なので
専門にしているし
専門にできていると
思うんですね。

 

 

 

あなたも
興味関心がある分野なら

30冊の本を読むのは
時間さえあればできるはず。

 

 

そのように

やりたいことが見つかれば

努力を努力とも
思わないようになります。

 

まわりから
「よくそんなに努力できるね〜」と
言われても

 

本人は
そこまでの努力と
認識をしていないために

 

なぜほめられているのか
よくわかっていないんです。
(このミスマッチ、けっこうあるんですよねw)

 

そうしている人を
何人も知ってますし

 

私も感覚的に理解できます。

 

 

 

もし、
今エネルギーを
注いでいる分野が

・けっこう無理をしている
・すごい努力をしてがんばっている

と思っているとしたら

 

もう一度自分に

「本当にこれがやりたいことなのか?」


問いかけてみてくださいね。

 

 

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

日刊メルマガ【ハンジョウ】

メールマガジン配信中!

チームプロダクション代表只石が、日常の出来事から「商売が『ハンジョウ』するエッセンスを見つけ出し、日々お届けしております。 お気軽にお読みくださいませ!

*お名前(姓・名)
*メールアドレス

友だち追加

日刊メルマガ
【ハンジョウ】

メールマガジン配信中!

チームプロダクション代表只石が、日常の出来事から「商売が『ハンジョウ』するエッセンスを見つけ出し、日々お届けしております。 お気軽にお読みくださいませ!

*お名前(姓・名)
*メールアドレス

カレンダー

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031