2020年10月10日

オススメ

「復業」で自分を磨くススメ。

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

 

 

いつも

メインバンクで
利用させていただいている

みずほ銀行ですが

 

 

週休3〜4日制
導入するようですね。

 

 

週休3日の場合は80%
週休4日の場合は60%程度

基本給になるとのこと。

 

 

 

あくまで希望者を、

ということ
らしいですが

 

「体のいいリストラ」かも
しれないですね。

 

 

 

いずれにしても
給与は減るので

 

銀行側は
副業や兼業を
認めている一方で

 

副業を
解禁している裏側には

 

 

 

うちの会社では
あなたの人生を
守ることはできないから
自分で生きる道を探してね。

 

と、言っているのと
同じじゃないかと思います。

 

 

 

つまり

企業には
終身雇用といったような
イメージは皆無で
余裕もないんですね。

 

 

もしも、
勤務している会社が
ある日突然なくなったら

 

あなたはどうしますか?

 

 

 

そのときに
会社に泣きついても

 

 

 

副業を解禁してあげたのに
なぜ自分で生き残る努力を
してこなかったの?

言われて
しまうでしょう。

 

 

 

また、
ご家族がいる方だったら

 

 

 

万が一に備えておいて
良かったわね!

 

言われるのか

 

 

 

なぜ、会社員時代に
何もやってこなかったの?

言われてしまうのか。。。

 

 

そのような
状態のときに
呆然としないためにも

 

 

 

対策の1つが

 

複業家として

活動することです。

 

 

 

私が複業をスタートしてから
5年以上経ちますが

 

おかげさまで

・しつもんコンサルタント業
・ビジネスパートナー業
・通信回線業
・ビジネス書作家業
・保険業
・セミナー業
・ブログ業

など

 

複数のビジネスで活動して
収入の複線化に
成功しました。

 

 

思えば、6年前は

人材派遣業としての
経営者でした。

 

取引先は300社以上あっても

会社の内容としては
1つの事業しか
なかったようなものです。

 

 

 

一念発起し

複業家としての活動を
していますが

 

 

最初から
うまくいったわけでは
ありません。

 

 

不安を打ち消すべく
いろいろな手を打ってきたことで

 

運良く成功したこともあれば
失敗したことも
たくさんあります。

 

 

それでも、今では
複業活動をやっていて
良かったと思っています。

 

 

 

これからは

 

収入補填の
副業ではなく

 

復業家という視点で

サバイバル時代を
生き残るための施策を持つこと

 

オススメします。

 

 

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

お問い合わせ

会社名
お名前必須
ふりがな
メールアドレス必須
電話番号必須
お問い合わせ内容

日刊メルマガ【ハンジョウ】

メールマガジン配信中!

チームプロダクション代表只石が、日常の出来事から「商売が『ハンジョウ』するエッセンスを見つけ出し、日々お届けしております。 お気軽にお読みくださいませ!

*お名前(姓・名)
*メールアドレス

日刊メルマガ
【ハンジョウ】

メールマガジン配信中!

チームプロダクション代表只石が、日常の出来事から「商売が『ハンジョウ』するエッセンスを見つけ出し、日々お届けしております。 お気軽にお読みくださいませ!

*お名前(姓・名)
*メールアドレス

カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031