2021年8月15日

仕事術のコト

ハガキで年収2000万?

Vol.1067

 

 

クライアントから

「思ったように営業活動ができない…」と

もどかしさを感じている

相談を頂きました。

 

 

確かに
テレビや新聞で
第5波といった報道が
頻繁にされているので

 

お客様先に
出向く際には

どうしても
気を揉んでしまうものです。

 

 

 

そこで今回は、

顧客などに
直接合わなくても

信頼関係を
構築していくための
アイデアをご紹介します。

 

 

 

零細企業コンサルタント
栢野克己さんの著書

 

 

「小さな会社★儲けのルール」には

 

外資系の生保で
2000万以上の収入を

10年以上
継続して達成している

 

生命保険営業の話が
紹介されています。

 

 

 

そして、

その人物の
成功の理由についても
触れられていて

 

それは

ハガキを送ること

と言います。

 

 

しかし、

ただハガキを
闇雲に送るのではなくて

 

①送る頻度
②送る相手
③送った後の対応

の3つに

 

違いがあるというのです。

 

 

 

まずは、

①送る頻度。

 

面会した後の
お礼状を送るのは
当然のことなのですが

 

その後
年3回の5年間を
継続するのだと言います。

 

このように

継続して
ハガキを送ってくる営業マンは
ほとんどいないため

 

15枚の目の
ハガキを送る頃には

かなりの確率で
お客様になってもらえるとのこと。

 

 

 

 

次に、
②送る相手ですが

商品・地域・客層を絞ることが
大切だと言います。

 

上記の
営業マンの場合だと

「経営者向けの保険を
 名古屋の中小企業経営」に

送っています。

 

 

まずは、
中小企業の経営者が集まる
セミナーなど会合などで
名刺交換をし

 

その後は
上記の頻度で
ハガキを出し続けるのです。

 

 

今はなかなか
会合とかセミナーは
ないかもしれませんが

 

これまで
名刺交換した方に
送るのもいいですね。

 

 

 

 

 

最後に、
③送った後の対応です。

 

この方の場合

ある程度の回数の
ハガキを出したら

電話でアポイントを取るそうで

 

これまで、
名刺交換後の
アポイントをとって
セールスをしていた時は

 

ことごとく
断れていたものの

 

 

 

このように

信頼を少しずつ
積み重ねたあとだと

 

アポにも成約にも
つながりやすくなったのだと
言います。

 

 

ぜひ、
コロナ禍で
会えない顧客などに

 

このような

ハガキで
信頼関係を構築することを

 

やってみては
いかがでしょう。

 

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930